ブーツで運転できるのか?

アクセルペダル

 

サンダルを履いて運転をしてはいけないというのはよく知られていると思います。

ですが、ブーツを履いて運転していいのか疑問に思われている方もいるのではないでしょうか?

まずは道路交通法をご覧ください。

 

道路交通法70条では

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。


道路交通法71条の6では

前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

※71条の前各号に関してはこちらを参照してください。

 

このように記載されています。

 

運転時にブーツを履いて運転していいのか・・

結論から伝えると、運転中にかかとがつかないサンダルなどは基本的にはNGですが、

71条に公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

とありますので、各都道府県の交通規則によって違います。

群馬県はヒールは取締りの例外としたり、

岩手県などは詳細まで記載してますね!

 

各都道府県の交通規則のリンクを下記に貼っておきます。

是非参考にしてください。

 

北海道の道路交通法

第12条⑷ げた、スリッパ等運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物をはいて、自動車又は原 動機付自転車を運転しないこと。


青森県の道路交通法

第16条(2) 運転の妨げとなるような服装をし、又はげた類若しくは木製サンダルをはいて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。


秋田県の道路交通法

第11条(2) 運転操作の妨げとなるような服装をし、又はげた類、木製サンダルその他運転操作の妨げとなるような履物を履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。


岩手県の道路交通法

第8(2)イ足から離脱するおそれのあるもの 運転者の足に対して固着性を欠き、運転中に足から離脱するおそれがあること から、適正な運転操作に影響を及ぼすおそれのある履物をいい、スリッパ、サン ダル等が該当する。ただし、鼻緒やバンド等で爪先又はかかとを固定することに より固着性が保たれるものについては該当しない。


山形県の道路交通法は見つかりませんでした。


宮城県の道路交通法

第14条⑵ 下駄その他運転操作の妨げとなるような履物を履いて、自動車又は原動機付自転車 を運転しないこと。


福島県の道路交通法

第11条(2) 運転操作の妨げとなるような服装をし、又は下駄、木製サンダルその他運転に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。


群馬県

第25条(1)「運転操作の妨げとなるような服装」とは、例えば和服姿で二輪車を運転する 場合等であり、また、履物については、運転を誤るおそれのあるげたや、足に固定 しないサンダル、スリツパ等を用いないように規定した。ただし、ハイヒールにつ いては基準となるものがなく、取締りになじまないので例示から外したが、著しく 運転を誤るおそれのある履物として、運転に用いないよう指導することとした。(第 1号)

 

 

 

東京都

第8条 (2)木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。


大阪府

第13条 (4)げた又は運転を誤るおそれのあるスリッパ等を履いて、車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。

 

まとめ

いかがでしょうか。

各都道府県によって、違いがありますので、お住いの地域を参考にしてみてください。