簡単な革靴の靴磨き手順を紹介

簡単な革靴の靴磨きの手順をご紹介

革靴の靴磨きを始めようと思っても、

何を買えばいいのか、どのような手順で靴磨きをしていいのかわからない方も多い方思います。

 

今回の記事は、革靴の靴磨きに必要なもの、靴磨きの手順を

7つのステップに分けて紹介していきます!!

 

靴磨きの手順

  1. 革靴の中をアルコールティッシュで綺麗にする
  2. 革靴のコバをコバインクで補色する
  3. 馬毛ブラシで革靴の埃を落とす
  4. ステインリムーバーで革靴の汚れやクリームを落とす※汚れがひどい場合はステップ4を飛ばして、ステップ5に
  5. 汚れや革靴の履きジワがひどい場合、4の代わりにサドルソープを使ってください。
  6. 革靴をクリームで補色する
  7. 鏡面ワックスで革靴を鏡面仕上げに

 

ステップ1 革靴の中をアルコールティッシュで綺麗にする

 

アルコールをつけるティッシュ

 

まず最初に革靴の中をアルコールにつけたティッシュで除菌して汚れをとります。

用意するもの

・アルコール入りのウェットティッシュ

 

アルコール入りのウェットティッシュ


アルコールティッシュで革靴の中を掃除します。

靴磨きは外側だけではないです。

中を掃除しないと、菌が繁殖して匂いの原因にもなりますので、

靴磨きのタイミングで革靴の中も掃除してみてください。

アルコールで掃除した革靴の汚れがどれだけ取れているか

 

詳しくはこちら記事で詳細を記載しています。

 

革靴の匂いが気になる方はこちらの消臭スプレーをオススメします。

とにかく簡単です。


 

ステップ2 コバを補色する

 

コバにコバインクを塗っている

 

中を綺麗にすると、革靴のコバの色を補色します。

用意するもの

・ステインリムーバー専属のクロス

・コロンブスのコバインク(黒色)

・ステインリムーバー

・紙やすり

 

紙やすり


まずは紙やすりで、コバの面を整えます。

革靴のコバに紙やすりを当てる

 

ステインリムーバー


コバの面を、ある程度整えたらステインリムーバーを使って汚れや、

コバの削りカスをとります。

※カスが付いていると、コバインクが綺麗に塗れません。

革靴のコバにステインリムーバーを使う

 

コバインク


コバインクはインクを塗りすぎないようにしてください。

ムラの原因になってしまいます。

インクを絞ったブラシでコバにインクを塗っていってください。

コバにコバインクを塗っている

 

 

コバインクの詳細な使い方はこちらの記事にまとめています。

 

ステップ3 馬毛ブラシで汚れを落とす

 

革靴 コバの掃除

 

革靴の中とコバの補色が終われば、次はアッパーを馬毛ブラシで

ホコリを落とします。

 

用意するもの

馬毛ブラシ

 

馬毛ブラシ


馬毛ブラシを使って、革靴の汚れを取っていきます。

コバの汚れなどをよく落とせますが、コバインクが十分に乾いてからにしてください。

馬毛ブラシの使い方

 

ブラシも何種類かありますので、ブラシの使い方がわからない場合は

下の記事でまとめています。ぜひ参考にしてください。

馬毛ブラシ・豚毛ブラシの使い方

ステップ4 ステインリムーバーで革靴の汚れを落とす

 

ステインリムーバーの汚れがどれだけとれたかの実例

 

馬毛ブラシでホコリを落としたあとは、ステインリムーバーを使って、

革靴の汚れやシミの汚れを落とします。

それ以上に、革靴には前回手入れしたクリームなどが残っているので、

そのクリームも落とします。

人で例えるなら、化粧落としをするようなものです。

用意するもの

ステインリムーバー

クロス

 

クロス・ステインリムーバー


まずはクロスにステインリムーバーをつけます。

革靴全体の汚れやシミをステインリムーバーを染み込ませたクロスで

落としていきます。

ステインリムーバーの汚れがどれだけとれたかの実例

 

どれだけ革靴に汚れが付いているのかがわかりますね。

ステインリムーバーの詳しい使い方や詳細は下記の記事に記載しています。

 

革靴の靴磨きの汚れ落としにはステインリムーバー

 

ステップ5 ※雨で汚れたり、革靴のシワがひどい場合はこちら

 

サドルソープで泡を立ててブーツで洗っている

 

革靴の汚れや、シワがひどい場合はステインリムーバーより、

こちらのサドルソープがおすすめです。

 

用意するもの

・サドルソープ

・泡立ちの良いスポンジ

まずは革靴をお湯につけ、全体に水分を染み込ませます。

 

サドルソープ・泡立ちの良いスポンジ


サドルソープに、少し水分を染み込ませたスポンジをつけます。

スポンジを揉み込み、泡立たせます。

スポンジが泡だてば、そのまま革靴を洗ってください。

 

写真のようにスポンジで革靴を泡立たせたあとは、

泡を落とせば完成です!

 

ですが、泡は水で落とさないでください。

サドルソープには革の保湿効果がありますので、

タオルやティッシュで軽く水気を取ってから乾かしてください。

 

サドルソープの詳しい使い方は下記の記事にまとめています

革靴の汚れに、サドルソープの使い方

 

ステップ6 クリームで補色する

 

革靴とサフィールのクリーム

 

革靴の汚れが落ちれば、次は革靴のクリームを塗っていきます。

革製品は乾燥すると、破れたりする原因になります。

クリームを塗ることで、革に栄養を与えることで、

革靴の傷みにくくしてくれます。

靴磨きの中でもとても重要な部分です。

 

用意するもの

・クリーム サフィール クレム1925

・ペイントブラシ

・豚毛ブラシ

 

クリーム・ペイントブラシ


まずはクリームをペイントブラシにつけます。

つけすぎはよくないので、ペイントブラシの先端に少しつけ、

革靴のアッパーに部分的につけていきます。

クリームをペイントブラシで革靴に塗布している

 

部分的につけたあとは、ペイントブラシで円を描くように、

革靴全体にクリームを染み込ませていきます。

 

豚毛ブラシ


革靴にクリームが染み込めば、次は豚毛ブラシの出番です。

豚毛ブラシで、一気にクリームを均等に革靴に染み込ませましょう。

革靴に馬毛ブラシでクリームを浸透させる

 

これだけでも十分革靴は綺麗になります。

 

革靴のクリームの詳細な記事はこちらです。

革靴にクリームの塗り方

 

豚毛ブラシの使い方、見極め方はこちらの記事です。

馬毛ブラシと豚毛ブラシの見分け方と使い方

 

ステップ7 鏡面磨き

 

鏡面仕上げと鏡面仕上げ前

 

最後に鏡面磨きになります。

写真は左が鏡面磨き後、右が鏡面磨き前のものになります。

鏡面磨きはコツが必要と言われていますが、靴磨きの道具を間違えなければ

最低限の鏡面は確保できると思います。

用意するもの

・鏡面磨き用のワックス(今回はKIWIのグロスパレード)

・ハイシャイン用のクロス

 

鏡面磨き用のワックス


まずは革靴の鏡面にしたい部分にワックスを塗り込み、下地を作ります。

この工程は非常に重要になります。

手に取ったワックスを塗り込む

手で塗っても、クロスで塗っても問題ないです。

 

鏡面用クロス


ある程度ワックスが馴染めば、次は鏡面用クロスに少し水分を染み込ませます。

少しというのは、3滴ほどの水滴です。

水分の含んだ、クロスで円を描くように、下地のワックスを伸ばします。

この工程を繰り返してください。

水に濡らしたクロスで革靴を磨く

 

この作業を繰り返すと完成します。

個人滴には、クロス選びを間違わなければ、成功率は格段に上がると思います。

 

鏡面磨きの詳しい記事はこちらです。

革靴の鏡面磨きのコツ

 

 

まとめ

以上になります。

今回は 靴磨きの手順をご紹介しました。

各工程ごとに、詳細の記事のリンクがありますので、

詳しくはそちらを参考にしてください。