革靴の鏡面磨きのコツ

革靴の鏡面磨きのコツ

鏡面磨きのコツについて説明します。

まずは左が鏡面磨きしたあと、右が鏡面磨きする前の革靴です。

左は鏡面になっているので、写真を取っている私の顔の影が写っていますね!

革靴の鏡面磨きは靴磨きの一番最後の部分になります。

鏡面磨きにはコツが必要と言われており、うまくいかないとの声も・・・

今回は鏡面磨きの方法をご紹介します!

用意するもの

・鏡面磨きの方法

用意するもの

kiwiパレードグロス、ハイシャイン用のクロス

用意するものは、

・鏡面磨き用のワックス(今回はKIWIのグロスパレード)

・ハイシャイン用のクロス

鏡面磨きの方法

 

今回鏡面磨きで使用する革靴です。

 

鏡面仕上げ前の革靴

 

靴磨きの最後に鏡面磨きをすることが多いです。

靴磨きの過程をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

まず最初に、革靴にワックスをなじませる必要があります。

今回は指でなじませていますが、クロスを使っても問題ないです!

 

鏡面磨きのワックスを手につける

 

手に取ったワックスを写真のように革靴に塗り込んでいきます。

塗り方は円を描くように、塗り込んでいきます。

魚の鱗を描くようなイメージです。

 

手に取ったワックスを塗り込む

 

ワックスが革靴に染み込んでくると、次は指にクロスを巻いてください。

クロスの簡単な巻き方は下記の記事で紹介しています。

 

 

鏡面用クロスをまく

 

指に巻いた鏡面用クロスに少量のワックスをつけます。

ワックスをつけすぎないように注意してください。

 

鏡面用クロスに少しワックスをつけます。

 

指でワックスを塗りこんだ時と同じように、円を描きながら、

革靴に鏡面ワックスを塗り込んで行ってください。

この時、力を入れすぎてしまわないように注意してください。

 

鏡面用クロスで革靴にワックスを塗っていく

 

ワックスが均等に馴染んできたら、いよいよ水を使用します。

水はワックスの蓋とかに少量貯めておき、写真のようにクロスを水に少しだけつけます。

 

鏡面用クロスに水をつける

 

写真のように、少し水分の含んだクロスで鏡面部分を磨いていきます。

この時も、円を描きながら、ワックスを伸ばしていくようなイメージで

塗っていきます。

 

水に濡らしたクロスで革靴を磨く

 

鏡面部分が仕上がってきたら、次は円を描くようにではなく、

水分の含んでいない、クロスの面を使って、上下に動かしながら一気に磨きあげます。

 

ワックスをみずに濡らしたクロスで一気に磨く

 

完成です。

左が鏡面仕上げをした革靴、右が鏡面仕上げをする前の革靴です。

 

鏡面仕上げと鏡面仕上げ前

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回は革靴の鏡面仕上げの方法を記載しました。

鏡面仕上げは革靴の最後の部分になりますし、

ピカピカに光っているとより革靴に愛着わきますよね!

ぜひ挑戦してみてください。