革靴の日々のお手入れに、簡単なクリームの使い方

革靴の日々のお手入れに簡単なクリームの使い方

革靴とサフィールのクリーム

革靴は栄養を与えないと、ひび割れしてしまい、長く履くことができなくなったり、

傷ついてしまうと、見栄えが悪くなったりと、

靴は顔ほどにものを言うとも言われていますので、革靴のケアは大事ですね!

今回は革靴のお手入れの中でも大切な革靴のクリームの塗り方や使い方をご紹介します。

目次

用意するもの

クリームの使い方

用意するもの

サフィール、ペイントブラシ、馬毛ブラシ

左から

・サフィール クレム1925

・ペイントブラシ

・豚毛ブラシ

クリームとは、このクレム1925の事をさしています。

クレム1925はカルナワックスやビーズワックスなどで構成されている、簡単に言えば

「最高級のクリーム」です。

革靴に、光沢、補色、保革、保湿効果を与える事ができます。

東急ハンズとかに2000円程度で売っています!

豚毛ブラシは、クリームをなじませるために使います。

豚毛ブラシの使い方や馬毛ブラシとの違いについての記事はこちらです。

革靴クリームの使い方

クリームを塗る前の革靴

こちらが今回クリームを塗る前の革靴です。

クリームを塗る前は、前回塗ったクリームがついているので、クリームを落とす作業が必要です。

簡単に言えば、化粧に化粧を重ねることになりますので・・・

クリームを落とすには一般的にステインリムーバーを使うことが多いので、

ステインリムーバーの使い方はこちらの記事で紹介しています。

なければ、水分を絞ったタオルでもいいです。

革靴とサフィールのクリーム

写真が今回使用するサフィールのクレム1925です。

容器も高級感があって、男心を刺激されます。

クリームの付け方は写真のように、ペイントブラシで部分的に少しずつ塗布してください。

クリームをペイントブラシで革靴に塗布している 革靴についたクリームをペイントブラシで磨く

 

付け方は写真のように、ペイントブラシで部分的に少しずつ塗布してください。

部分的についたクリームを次はペイントブラシで円を描くように広げていきます。

ペイントブラシで革靴のクリームを広げている

この写真のように、小さな丸を描きながらクリームを広げていきます。

ブラシは小さいので少し疲れるかもしれませんが、大事な革靴の為です!

愛情持って丁寧にクリームを塗ってください。

ある程度ペイントブラシで細かい部分までクリームが浸透すれば、

次は写真のように馬毛ブラシで一気に磨きます!

革靴に馬毛ブラシでクリームを浸透させる

これで完成です!

左が革靴にクリームを塗る前、右がクリームを塗った後の写真です。

 

クリームを塗った革靴と塗っていない革靴

 

光の影響で違いがわかりにくいですね・・・笑

靴磨き 靴クリーム サフィール ノワール クレム1925 サフィールノワール Saphir Noir シューケア 革靴 ケア CREME 1925 75ml 全14色 SaphirNoir あす楽対応

価格:2,420円
(2020/1/1 22:02時点)
感想(66件)

 

良質な靴用ブラシ(ホワイト)Columbus コロンブス ジャーマンブラシ♯5 良質な豚毛ブラシ(ドイツ製)で靴磨き

価格:880円
(2020/1/1 22:28時点)
感想(5件)

靴磨き LB 豚毛 アプライ ブラシ 靴クリーム塗布用

価格:440円
(2020/1/1 22:30時点)

【1月1日限定 お年玉クーポン配布中】 ケンフォード KENFORD KB48 AJ ブラック 3E メンズ ビジネスシューズ ストレートチップ リーガルコーポレーション 革靴

価格:9,900円
(2020/1/1 22:32時点)
感想(19件)

最後に

今回は革靴の日々のお手入れに必要なクリームの使い方をご紹介させていただきました!

ケアを怠ると、ひび割れの原因や見栄えが悪くなってしまいますので、

月に1回、最低限クリームは塗るようにしてくださいね!