アルコール ティッシュで革靴の匂いを予防

アルコールティッシュで革靴の匂いを予防

靴磨きをする際に、革靴の外側を綺麗にする方法は紹介されています。

ですが、埃や汚れは革靴の内側にも潜んでいます。

革靴はアルコールで除菌すると匂い予防にもなりますのでおすすめです!

今回は革靴をアルコールにつけたティッシュで拭く方法をご紹介します。

用意するもの

・アルコールの入ったウェットティッシュ

今回はアルコール入りのウェットティッシュがなかったため、

代役としてアルコール除菌ができるカビキラーの製品を使用します笑

靴磨き用のアルコール

アルコール入りのウェットティッシュと違いますので、ティッシュを別途用意して、

アルコール液を染み込ませます。

※あまりつけすぎると、革靴の乾燥が遅くなり、カビの原因になりますので気をつけましょう。

アルコールをつけるティッシュ

こちらが今回使用するケンフォードの革靴です。

パッと見ると汚れはわかりにくいのですが、掃除して見るとー・・・

アルコール除菌する革靴アルコールで掃除した革靴の汚れがどれだけ取れているか

トップラインと、かかと部分のインソールを少し掃除しただけでこれだけの汚れが取れました。

革靴の中の掃除は大事です。

※革靴の名称はこちらの記事にまとめています。

また一番汚れが溜まりやすいのが、トゥと呼ばれる靴の先端部分です。

ここには靴下の汚れが溜まりやすいので、ここの埃はしっかりとってあげてください。

ちなみに今回はー・・・

革靴のトゥの埃をとった

こんなに出てきました笑

汚いですね、すみません。

【1月1日限定 お年玉クーポン配布中】 ケンフォード KENFORD KB48 AJ ブラック 3E メンズ ビジネスシューズ ストレートチップ リーガルコーポレーション 革靴

価格:9,900円
(2020/1/1 21:57時点)
感想(19件)

最後に

今回は、革靴をアルコールにつけたティッシュで拭いて匂いを予防する方法をご紹介しました。

靴磨きは表面も大事ですが、中身もそれと同じくらい大事です。

ステインリムーバーで靴の表面の汚れを落とすついでに、中の汚れも落としてください。

※ステインリムーバーで革靴の表面の汚れを落とす記事はこちら!