スーツに似合うマフラーの巻き方 メンズ向け

メンズ向け!! スーツに似合うマフラーの巻き方 3パターン

スーツ姿でマフラーを巻くと、普段よりカジュアルに見えるので、

男性のマフラーを巻いたスーツ姿が格好良く見えると言われることが多いと思います。

ただし、スーツをきている時のマフラーの巻き方によっては、残念に思われることも・・・

今回はスーツに似合うマフラーの巻き方を3パターンご紹介します!

 

目次

  1. ワンループ 巻き
  2. ニューヨーク 巻き
  3. プレッツェル 巻き

1.ワンループ巻き

こちらは定番のワンループ巻きです。

もっとも簡単で、定番の巻き方なので、スーツでも違和感がありません。

巻き方は写真をを参考にしてください。

   → 

写真を正面からみて、左側のマフラーを右側の輪っかに通すと完成。

とても簡単ですね!


2.ニューヨーク 巻き

こちらはコートなど、首元が寂しい時によく使います。

大人な男性の印象が強いので、スーツ単体よりもコートと合わせた方がおしゃれです。

まずは写真のようにマフラーを首にかけます。長さは均等でOKです!

少し分かりにくいかもしれませんが、左右のマフラーを交差させてください。

交差した後、左右どちらでもいいので、写真のように後ろから前に出してください。

マフラーの両端を少し引っ張っれば完成します。

画像だと分かりににくい方は下記の動画を参考にしてください!

 


3.プレッツェル巻き

最後にプレッツェル巻きをご紹介します。

あまり被ることがないので、他人と少し違った個性を出すことができます。

慣れると簡単に巻けますし、周りから見るとお洒落な人かな?という印象も与えられます。

・先ほどのニューヨーク巻きより、左右のバランスを少し変えます。※ここは好みなので自由にしてください。

・写真のように、短いマフラーで輪っかを作ります。分かりにくいので、横からの写真も載せます。

→ 

長い方のマフラーを外側から輪っかに通します。

引っ張って調整すると完成します。

 

こちらも分かりにくい方は下記に動画を張っていますので、確認してください!

 

最後に

いかがでしょうか。

今回はスーツに似合うマフラーの巻き方、メンズ向けのご紹介でした。

この寒い冬にしかマフラーを巻くことはできませんので、

お洒落に寒さを乗り越えてください!