ブーツのソールを消しゴムで綺麗にする

ブーツのソール部分を消しゴムで綺麗にできるのか

MONOのプラスチック消しゴムでウルバリンのソール部分の黒い汚れをとってみました。

今回はウルバリン1000マイルブーツの白いアウトソールに消しゴムを使用します。

 

ウルバリン 1000マイルブーツ  ウルバリン1000マイルブーツ ソールの汚れ

 

白いアウトソールの汚れは黄ばみはこの程度です。

ここから消しゴムでどこまで綺麗になるのでしょうか?

 

消しゴムを使用

今回使用したのは、一般的なMONOのプラスチック消しゴムです。

MONO消しゴム

実際に使用して見ると、つま先部分を消しゴムで削るのは大変でした。

片方の靴だけでも・・・

消しゴムのカス

これだけの消しゴムのカスが!!

家の人に怒られるので、新聞紙やティッシュの上で作業した方がいいでしょう。

完成

こちらがビフォーアフターです。

ウルバリン1000マイルブーツ ソールの汚れ

黒い大きなシミは取れましたが、まだ黄ばみは残ってしまいました。

全体的に汚れが薄く取れた印象です。

消しゴムを使用する前と使用後のブーツの全体の写真もお見せします。

上が消しゴムを使用したあと、下が使用する前です。

若干ですが、二枚とも、上のブーツのアウトソールの方が白くなっています。

 

【赤字覚悟】ウルヴァリン 1000マイルブーツ ラスト WOLVERINE 1000MILE BOOTS W05299 RUST ワークブーツ

価格:27,977円
(2020/1/1 21:49時点)
感想(262件)

 

 

最後に

消しゴムを使うと、深い汚れは取れませんが、全体の薄い汚れを取ることができました。

消しゴムのカスが想像より多いので、新聞紙を敷くなどの対策を取りましょう!