ブーツが臭い時の簡単な対策方法

ブーツが臭い時の5つの簡単な対策方法

 

ブーツはスニーカーと違い、匂いがきつくなっても気軽に洗うことができません。

今回は洗わずに、匂いが取れる簡単な5つの方法をご紹介いたします。

目次
・新聞紙

・10円玉
・乾燥剤
・消臭スプレー
・正しい方法で足を洗う

新聞紙

ブーツは革製品なので、湿気がこもりやすいので、菌が繁殖しやすくなります。

新聞紙は乾燥させて、菌の繁殖を抑える事以外にも、
丸めて入れると、ブーツの形を維持するシューキーパーと同じ役割があります。

新聞紙

 

10円玉

10円玉は銅でできています。

銅には匂いの原因菌を殺菌する効果があるので、10円玉には消臭効果が期待できます。

ですが、10円玉を入れすぎると、10円の銅の匂いがきつくなってしまいますので、
片足10枚前後を目安に入れるようにしてください。

 

10円玉

乾燥剤

乾燥剤も新聞紙と同じく、湿気を抑える事で匂いを予防します。
菌が繁殖しにくい効果を持つ上に、お菓子に入っているものでも使えます。

新聞紙が最近は減っていますので、手元になければお菓子の乾燥剤を使って見てください。
ただし、小さいものだと効果を発揮しにくいので、小さい場合は複数枚入れるようにしてください。

 

乾燥剤

 

消臭スプレー

靴専用の消臭スプレーです。

消臭スプレーをいつでもかけるのではなく、帰宅時に消臭スプレーをかけます。

そのあと、新聞紙やシューキーパーを入れておくとより効果が出ますので是非やって見てください。

クリームを違い、スプレーをかけるだけなので、簡単に消臭効果が期待できます。

消臭スプレー

 

帰宅後に靴にスプレーするだけのNullの消臭スプレーです。

記事も書いていますので是非参考にしてみてください。

Null 消臭スプレーの記事


足を石鹸で洗う

そもそも原因が足本体の匂いとうケースも少なくありません。

足が原因であれば、いくら靴に消臭対策をしても無意味になります。

ここでは正しい足の洗い方をご紹介します。

まず両足をお湯につけて、足に水を染み込ませます。

足 お湯つける

足はボディソープではなく、石鹸で洗いましょう。

石鹸で洗う理由としては、ボディーソープは保湿成分が含まれているので、

そのまま靴をはくと蒸れやすく、匂い菌の増加に繋がります。

その為、足の匂いには石鹸がおすすめとされています。

ただ、足の臭いの原因は角質です。

石鹸も力強く使うと、足を痛め、より角質が出てしまうようになります。

ですので、足を洗うときは石鹸は手であわ立てて、優しく洗ってください

足を石鹸であわ立てている

 

中でも、このアニセの石鹸は足の匂いに特化して作られています。

泡立がよく、足に泡が密着するので、足の蒸れと角質の増加を抑えることができます。

こちらの記事も書いていますので、参考にしてみてください。

アニセの消臭石鹸の記事

 

 

最後に

いかがでしたか?
靴の匂いは日常的に対策する必要があります。

そのためには簡単に続けられる事は非常に重要になります。
今回は簡単にブーツの匂いを取る事ができる方法をご案内させていただきました。